経営ビザの申請問題

吉岡 誠一先生のFBから:
 
今日、三重県四日市の中華料理店経営者と会っていました。
同経営者は、「最近、同業者のうち、『投資・経営』の在住資格の中国人経営者の大部分が、本人のビザ取り消しか、雇用しているコックのビザ延長が不許可になるケースが増加中です」と話し、私が、その原因として
○ 「投資・経営」のビザ資格ではビザの更新が必要。収益の増加で初期投資の500万円以上の回収をする必要がある。
○ 「投資・経営」の資格では経営者も給与も月額20万円以上は必要。
であるのに、税理士に懇願して節税をやり過ぎ、経営者の給与を月額8万円というケースが大部分です。
このような節税をやりすぎでは、新谷に中華料理のコックを雇用しようとしても入管から「安定的の雇用できる状態でない」という理由で不許可になります。
中国人だけでなく、外国人が日本で事業をしようとすれば、ビザを身を持って熟知しています外国人税理士、特に問題点に精通しています中国人税理士を顧問にするのが一番です。
 
著作権と問い合わせ:吉岡誠一行政書士事務所

法律顧問:江田五月先生

中文网页

中国語微信 中文WeChat

或⇒09035381758

加 入 会 員

 

住所

130-0021 東京都

 

墨田区緑1-14-6 3F

電話

03-6659-5100(中)

 

03-6659-5101(日)

 

03-6659-5121

 

090-3538-1758()

Email

suhuinzais   @gmail.com

 

suhuinzais

Skype

su.hui4

Line

09035381758

営業

9時18時土日祭休

従業員

東京:12(日本人4

 

青島:中国会計士2名

開業

2005

 

事務所日本語紹介2021 PDF.pdf
PDFファイル 1.6 MB
事务所中文介绍2021 PDF.pdf
PDFファイル 1.2 MB
日本税制参考2021.pdf
PDFファイル 217.2 KB

事務所内

外見

会議室

応接間